支部長あいさつ


こんにちは千葉県教職員組合山武支部で支部長を務めさせていただいております。鈴木智裕です。
 千葉県教職員組合山武支部は,1945年に千葉県で最も早く結成された組合です。現在山武支部は53分会,組合員約900名で組織され,山武の教育に情熱をもってとりくんでいます。

 山武支部が掲げるスローガンには3つの「あい」があります。それは,「語り合い」,「認め合い」,「支え合い」です。この3つの「あい」を柱に,子どもたちの心を育み,同僚と笑顔で教育活動にとりくんでいきたいと考えています。

 私たち教職員を取り巻く環境には,非常に厳しい状況があります。特に,緊急事態宣言以降は,子ども,保護者,教職員の不安は募るばかりです。こんな状況だからこそ,安心できる,勇気が出る,元気が出る活動にとりくんでいきたいと考えています。教職員の笑顔は子どもたちの笑顔へとつながります。一歩ずつ,少しずつ前進できるよう,ともに頑張りましょう。

                     2020.5.22山武支部支部長 鈴木 智裕

 

活動報告

千教組定期大会②

DSC06000

また、来賓として古賀ちかげさんが足を運んでくださいました。支部から参加した柴﨑書記長が現場の声を伝えました。

また事務職員部として、稗田支部長が山武支部より参加し、やはり現場の声を届けてくださいました。

千教組定期大会①

IMG_2878

5月28日(金)千教組定期大会が開催されました。

大会スローガン「一人ひとりの子どもにゆきとどいた教育を」のもと、運動方針が確認されました。会の中で山武支部出身の、古川陽平千教組書記次長が、熱く発言しました。

定期大会開催

DSC05073

昨年度は実施できなかった定期大会ですが、5月18日(木)、規模を縮小しながらも開催することができました。

分会一人の参加ではありましたが、それでも組合活動の基本方針を、面と向かって伝えることができたのは、とても意義深いことでした。

会の最後には、声を出さずに、「うちわ」を利用して団結ガンバローを行うことができました。

メーデー開催

DSC6

昨年度は社会情勢から実施できなかったメーデーでした。今年度は規模を縮小してではありましたが、無事開催することができました。
山武支部だけではなく、様々な労働者団体の代表の方が顔を合わせることができました。
組合活動の大切さを、改めて感じさせてくれる機会となりました。

御参加いただいた先生方、ありがとうございました。

支部委員会もオンラインで

1月20日(水)支部委員会が開かれました。前回の青年部委員会に続き、支部委員会もZoomを活用した開催となりました。

緊急事態宣言下で、どうすれば支部のとりくみを伝えられるだろうか、分会へのお願いをどうやって伝えればよいだろうか、試行錯誤の中、今回このような方法をとらせていただきました。 初のとりくみと言うことで、支部でも緊張しておりましたが、多くの分会の皆様に参加していただき、無事に終えることができました。ありがとうございました。

今回初めてZoomを体験した方もいるかもしれません。支部として、Zoomを活用したオンラインでの開催という新しい形を提案できたことが、組合員の皆様の今後に何かしらプラスに働いてくれれば幸いです。

今後ともご協力をよろしくお願いいたします。

» 続きを読む

山武支部の活動について

・教育運動

・労働運動

・組織運動

これまでの記録